屋上広告  

屋上広告塔は、マンションやビルなど高さのある建物の屋上に広告塔を設置する屋外広告です。広告サイズも大きいものなので、遠くから見てもかなり目をひくものになります。普段でも、高速道路や高架を走る電車の窓からちょうど目線に合った場所に屋上広告塔がありますよね。夜間でも広告塔が目立つように照明設備を設置し、きれいにライトアップすることが多いです。
既にマンションやビルなどの屋上に用意されている屋外広告塔に広告を出すためには、空いている屋外広告塔を探したり、もしくは広告塔を新たに設置したいビルやマンションのオーナーに相談することから始まります。


ネオンサイン   ネオン広告塔・ネオンサインは色とりどりのネオンを使い、広告やサインを華やかにする電照型の屋外広告です。昔から、カフェやレストランなど飲食店にネオンが使われていたりするのをよく見かけます。文字などを光らすことで、昼夜を問わず遠くからでもたくさんの人の目を引くことができる屋外広告です。社名や施設名など文字の表示に効果的です。
ネオンは色が非常に鮮やかで、形状も自由に形づくることができるので、人気のある屋外広告です。

壁面サインボード   ビルなど建物の壁面を利用して、広告スペースにしてしまうのが壁面サインボードです。屋外広告としては、屋上広告塔と並んで大きなものが提出可能です。たとえば、たくさんのお店が入っているテナントビルなどでは壁面を利用し、「何階にどんなお店が入っているのか」を案内するサインボードを設置したり、個人病院などの壁面に診察時間を曜日ごとに見やすく案内する屋外サインなど多くの用途があります。
サインボードの材質やデザインなどもクライアント様の希望を取り入れることができます。

野立看板
ロードサイン

  初めてのお店や病院、オフィスなどを訪ねるときに野立看板やロードサインがあると安心できますし、現地までスムーズに赴くことができます。野立看板やロードサインは店舗への誘導や案内を主な目的にして設置する屋外広告です。
高速道路の脇に見えるような土台つきのがっちりした大きな看板から、建物などに立てかけて使うもの、自立式のものなど様式やサイズなど様々な看板を選ぶことができます。

映像ビジョン  

最近特に目にすることが多くなった映像ビジョンは新たな屋外広告のひとつして注目を集めています。多くは待ち合わせによく使われる場所や、人が立ち止まることの多い繁華街に設置されています。LED(発光ダイオード)や液晶パネルなどが利用され、きれいな映像を提供することができるようになってきています。
映像ビジョンの大きなメリットは動画で広告ができること。スピーカー付きの場合はテレビCMと変わらないアピール性があると言えます。東京では新宿にあるアルタビルや渋谷の映像ビジョンがハイビジョンを取り入れるなど、どんどん進化している屋外広告媒体です。


短期媒体   通常、サイン広告を申し込む際には1年以上の契約期間、など長期申込が多いと言われています。しかし中には短期間で申し込むことができる「短期媒体」と呼ばれる広告も存在しています。
このような短期で利用できる広告スペースは、キャンペーンやイベント、発売告知、期間限定で提出したい広告に非常に効果的です。

     
All rights reserved Copyright (C)MEDIA FARM Co,.Llid.