新規Webサイト制作

自社のWebサイトを作ろうとは考えているけれど、何から手を付けて良いか判らず、問題を棚上げしていませんか?
Webサイトを構築する際に必ず必要となるものが 以下の3つです。

1.コンテンツ
まず、貴社におけるWebサイトの最大の目的を考えることが必要です。
「うちの会社もホームページくらいは持っていないと」と漠然とした考えから立ち上げたWebサイトは、誰に向けたものなのか良く判らないものになってしまいがちです。
こうなってしまうとWebサイトとしての存在価値が薄れてしまいます。
同業他社のWebサイトが氾濫する中、いかに貴社のWebサイトの価値を上げることができるかが、コンテンツにかかっているのです。

2.サーバー
次に、完成したWebサイトを公開するためのサーバーが必要となります。
主に自社サーバーとレンタルサーバーの2種類がありますが、インターネット専用線やサーバー管理者などが存在しない場合、レンタルサーバをおすすめしています。
よく、お客様自らがサーバーを探されてくることがありまが、公開するWebサイトの内容や規模により、使用できるサーバーの条件が変わってきますので注意が必要です。

3.ドメイン
サーバーにはそれぞれ一台づつに異なるIPアドレス(コンピュータの住所)が振られているのですが、人間に判りやすくアルファベットや数字を織りまぜて表記したものがドメイン(URL)です。
商用のWebサイトの場合、ブランドや信頼・安心感といった企業イメージの観点から、より利用者にも判りやすい独自のドメインの取得をおすすめしています。

以上がWebサイトを公開するために必要となる3つの項目ですが、制作着手前の相談段階では、貴社のWebサイトにおける目的だけを漠然とでも結構ですので、お話いただければよろしいでしょう。
メディアファームでは、これらコンテンツ、サーバー、ドメイン、その他の項目など、貴社のWebサイト構築における必要事項を、ご要望・予算・納期に合わせた形でご提案させていただきます。


All rights reserved Copyright (C)MEDIA FARM Co,.Llid.