テレビは、映像と音声により、広告の記憶やイメージが残る、最もインパクトの高い媒体です。
短期間で広いターゲットに対してメッセージを到達させることができるとともに、視聴者の親近性や信頼性も高い、効果的なメディアです。
ラジオは、特定の時間に比較的自由にコマーシャルを流すことができるため、特定の層を絞った訴求が可能です。
また、創造性、親近性、反復性などがあり、タイムリーに情報を発信できる機動性メディアとも言えるでしょう。
さらに、番組制作への関与が比較的容易であり、テレビとのメディアミックスも可能な柔軟メディアです。


テレビCM

●番組CM:番組を提供する広告形態(通常6ヶ月単位契約/3ヶ月も可能)
※箱番組:1週間に1回放送される番組
※ベルト番組:月曜日〜金曜日まで毎日同じ時間帯に放送されている番組
※テレコ提供:ベルト番組を、一日おきに提供(例:月・水・金)
※単発番組:特別に放送される番組(例:年末、年始、オリンピック、等)
●スポットCM:番組と番組の間のステーションブレークに流される広告
※PT(Participation):番組の中に入るスポット(番組提供しないスポットCM)
●CM秒数:番組提供は30秒/スポットは15秒
●TVスポットの取り方:(1)全日タイプ (2)コの字タイプ (3)逆Lタイプ (4)深夜タイプ (5)ヨの字タイプ (6)子供向け


ラジオCM

●AM/FM/短波放送
●番組CM:箱番組/ベルト番組/テレコ提供/単発番組
●スポットCM:通常スポット/時報スポット:正時の時報音の直前CM/PT
●CM秒数:基本秒数20秒が中心/5秒・10秒・30秒・60秒


All rights reserved Copyright (C)MEDIA FARM Co,.Llid.